クラウドビジネスフォンとは

クラウドビジネスフォンは、クラウドシステム上にPBXが構築されビジネスフォンとして運用できるシステムをいいます。

以下にクラウドシステムからクラウドビジネスフォンまで順に説明していきます。

クラウドシステム

クラウドPBXとはクラウドシステムはクラウドコンピューティングテクノロジーを基に、エンドユーザーがコンピュータやハードウェアを所有することなく、インターネットを介してデータを格納し転送、通信します。
このクラウドテクノロジーは、一般消費者向けのクラウドコンピューティングテクノロジーであるiCloudなどのプログラムの導入により、一般にも幅広く普及しています。

クラウドの歴史

クラウドテクノロジーには、企業及び一般消費者のためのアプリケーションが多数あります。
1990年代半ば、それまで「Point to Point」(ポイントツーポイント)のデータ回線を使用してデータを転送保存していた企業は、クラウドテクノロジーが同じ業務を安くできる方法であることがわかり、代わりに使用し始めました。
クラウドPBX クラウドビジネスフォン「クラウド」という用語は、プログラム開発者インターネット抽象化のためにの図形を使用し、また雲の図形を象徴として用いたりします。この雲のシンボルは、サービスプロバイダーの責任と顧客の責任との区分を示すためにも使用されています。
そしてクラウドテクノロジーは、インターネットに接続しているどんな装置からでもクラウドのデータとサービスにアクセスすることができることを意味します。

それで、 クラウドPBXプロバイダを使用すると、家庭やオフィスで実際のPBXを必要とせずに全ての標準PBX機能が使用できます。ビジネスフォンがこのクラウドPBXに接続されていることで、クラウドビジネスフォンとも言われます。

PBXとは ? (従来型)

PBX(電話交換機、構内交換機)は、施設内に設置・運用される電話交換機のことを総称してPBXと言います。
施設内の電話機同士で通話できるようにしたり、外部(外線、公衆回線)との接続を行い、施設内に敷設された電話回線を集約し、電話機同士で発着信や通話ができるようにする。
特定の電話プロバイダが通話をルーティングするために使用する技術を指す名前です。
PBXとはもともとは、PBXは施設内、事務所などに保管して人手で操作する必要のある大きな装置でした。これらの装置は、大型で特別な保管施設が必要で定期的なメンテナンスも必要であり、専任のエンジニアが操作しなければならなかったため、会社にとって非常に費用のかかるものになっていました。

よって、多くの従業員と複数の電話機を保持している企業では、オフィス内にPBXのオペレータがいなければ正常に機能することができません。近年、PBXはオペレータなしで自動的に動作するようにできましたが、これらのデバイスも高価で複雑でした。
そのために事務所が移転したり、電話回線を追加または削除したりする必要がある場合、そのたびに高額な費用と時間がかかることになります

従来のPBX と クラウドPBX の初期費用と維持管理

従来のPBXでは、導入時に設備費および新しい機器費用、工事費として50万円以上かかり、維持管理にオペレータ費用も1,500円以上/時間が必要です。

またもしオペレータなしで管理されるならば、維持管理とインターネット接続のための費用として約3万円以上/月がかかります。

★ クラウドPBXとは? どのように機能するか?

すべてのクラウドテクノロジーはインターネットに依存しています。
クラウドPBXはインターネットに接続されたIPまたはインターネット電話により機能します。したがって、クラウドPBXを使用するには、オフィスにVoIPなどのIPシステムを設置する必要があります。
多くのVoIPサービスプロバイダは、PBXオプションが含まれます。
クラウドPBXのインターフェイスソフトウェアを実行できる任意のデバイスからパーソナライズされたアカウント
クラウドPBX クラウドビジネスフォンでクラウドPBXにアクセスできます。つまり、システムで使用することが認定されているインターネット対応の場所またはデバイス(電話機)からクラウドPBXにアクセスできます。

通常、そのデバイス(電話機)からのID及びパスワードやセキュリティに関する情報を使用してログインします。複数のデバイスは、クラウドが複数のアクセス手段を持つことを可能にするソフトウェアであるミドルウェアによって互いに通信します。
これによりクラウドPBXでは、オフィス電話機とPBXを使用する際の移動性と自由度が向上します。したがって、頻繁にオフィスの外に出る必要があるが、通話を逃したくない場合は、クラウドPBXを介して接続を維持するこができます。
クラウドPBXベンダーによりサービス内容、価格が異なります。
クラウドPBXサービスプロバイダ(クラウドPBX提供者)は、クラウドPBXに保持させるすべてのデータの保管と管理を担当します。これは、サービスプロバイダがインターネットを介して受信者にコールを接続していることを意味します。
また、コンピュータがクラッシュした場合にデータが消失した場合に備えて、必要なすべての関連情報をバックアップします。このデータの複製を「冗長性」といいます。

まとめ

したがって基本構成は、クラウドPBXシステムがコンピュータまたは電話から始まり、呼び出し先の電話番号に接続して終了することです。 IPまたはコンピュータを使用して電話をかけ、クラウドによってサービスプロバイダーにコールが送信され、通話が宛先に転送されクラウドビジネスフォンとして機能します。

クラウド技術に関する論争と懸念

クラウドベースの技術の普及には、プライバシとセキュリティについて懸念されています。
クラウドPBX クラウドビジネスフォンクラウドに関する情報は基本的にサービスプロバイダに委ねられているため、一部の利用者には注意が必要です。
クラウドPBXの場合、これは事実上、サービスプロバイダにビジネスと利用者のさまざまな電話番号と連絡先情報を委任されたことを意味します。ほとんどのクラウドサービスプロバイダは、利用者の情報との接触および使用を管理するための特定のプライバシーポリシーを定めています。
クラウドサービスプロバイダは、優れたセキュリティを提供することも仕事です。
彼らはセキュリティが侵害された場合、その評判が傷つき、ビジネスが失われる可能性があるため、顧客に最高のセキュリティを提供できるようにすることが、サービスプロバイダーの主な関心事です。
プライバシーの問題は少し難解です。パスワードやセキュリティに関する質問などのセキュリティ対策が施されていますが、アカウントがハッキングされ、情報が盗まれる可能性があります。しかし、これはあなたがこれまでにインターネット経由で送信した他の機密データと同じです。たとえば、インターネットでクレジットカードを使用して購入したことがある場合、リスクはほぼ同じです。
あなたの情報を保護するには、安全で機密性の高いパスワードを使用するようにしてください。
クラウドPBXをホステッドVoIPの一形態として使用することで、従来のPBXサービスでは多くの問題が解決され、ビジネスオーナーが検討するのに適しています。

メニューを閉じる