チャネル数

チャネル数=同時通話数となります。たとえばオフィスなどで社員が20人いて20人全員が同時に通話したい場合は20人分=20チャンネルが必要となります。 従来では、例えばアナログ回線なら20回線、ISDN回線なら10回線必要となります。 しかし、20人のオフィスで同時に通話するのが最大6人というなら最大の6チャンネル分の回線でよいことになります。

コメントを残す

メニューを閉じる