3G/LTE/WiMAX回線のご利用について

スマートフォンでの通話にはデータ通信を使用します。光回線に接続されたWiFiでの利用を強くお勧めしますが、野外での利用では以下のように推奨しております。
屋外無線によるIP電話を安定して通話できるように以下の利用を勧めています。

  • 1. LTE(4G)を使用する
  • 2. 音声コーデックをG.729(有償)、またはGSM(無償)を使用する。

まず、電波状況が悪い環境下では、安定した通話品質を保つことはできません。また、着信できないこともあります。電波状況が良好であることが前提で以下のようにご案内させていただきます。
データ通信回線を利用したVoIP通話(IP電話)は、通信回線の状況が悪化すると、VoIP通話の品質を確保できないことがあります。場所や時間によっては、回線が混雑している場合など状況が悪い場合があります。
そして、一般的にダウンロードよりアップロードが遅いため、相手側の音質に影響が出やすくなります。
つまり、相手からの音声はよく聞こえるが、相手にはこちらからの音声が途切れたり、まったく聞こえないという症状が発生します

例:
電話をかけた側 →通話(*1)→ 受信した側 *1)アップロード側:音声が途切れたり、聞こえなくなる可能性あり
電話をかけた側 ←通話(*2)← 受信した側 *2)ダウンロード側:通話は良好
接続時の通信状況を確認する方法としては、電話をかけた場合に相手の音声が途切れることがあるようであれば、相手側にも問題が発生していると考えられます。通常は相手側の音質が先に問題が現れます。 場所を変えるか、かけ直すことをお勧めします。

1. LTEを使う

3GとLTEでは、通信速度が10倍LTEが速いということもありますが、特にLATENCYの値は通話に大きな影響があります。
LATENCY(レイテンシ)とは、通信を開始するまでに要した時間(遅延)のことで、
例えば、WebブラウザでURLをクリックしてから表示(ダウンロード)が開始されるまでのタイムラグとなりますが、この値がLTEでは3Gに比べて高速であることも優れたポイントです。
3G回線の場合、130〜1700ms程度までとLATENCYの値が大きく、またバラつきがあります。
しかしLTEの場合、50〜70msとかなり良好です。
よって、LTEを利用されることを強く推奨します。
WiMAXはビルの屋内への電波が届きにくく、屋内での通話には適していません。屋外では利用可能ですが、WiMAXのご利用はお勧めしておりません。LTEですと、WiMAXに比べて屋内でも電波が入りやすい特性を持っておりますので、LTEを推奨しております。

2. コーデックの指定

音声コーデックの設定で、強制的に要求ビットレートの低いコーデックを利用してください。
アプリケーションの利用可能コーデックから、G.729またはGSMを選びそれ以外をOFFにしてください。
G.729またはGSMコーデックを使用した場合でも、通信キャリアのプランやご利用エリア、時間帯などによっては音声通話に問題が発生することがあります。


メニューを閉じる